金剛頂寺のご朱印と御影
四国八十八ヶ所霊場 ご朱印

四国八十八ヶ所霊場
ご朱印
四国八十八ヶ所霊場 御影

四国八十八ヶ所霊場
御 影
四国霊場 開創1200年記念 御影

開創1200年記念
御 影

高知の神社・仏閣
金剛頂寺(こんごうちょうじ)
【金剛頂寺の紹介サイトへ】

住所/〒781-7108 高知県室戸市元乙523
TEL/0887−23−0026
アクセス
★電車/土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線「奈半利(なはり)」駅より
      高知東部交通バスで「元橋」バス停下車 徒歩約20分
★車/高知自動車道「南国」ICより約1時間30分
駐車場/約20台(200円)
拝観料/無料
納経所/7:00〜17:00
●第25番札所 津照寺(しんしょうじ)から約5km
●第27番札所 神峯寺(こうのみねじ)まで約33km

本堂
本堂
大師堂
大師堂

真言宗豊山派。本尊は 薬師如来。四国八十八ヶ所第26番札所。
正しくは龍頭山(りゅうずざん)光明院(こうみょういん)金剛頂寺(こんごうちょうじ)という。()

寺号碑
寺号碑
仁王門前の厄坂石段
仁王門前の厄坂石段
厄坂碑
厄坂碑

室戸岬の最御崎寺(ほつみさきじ)を東寺(ひがしでら)と呼ぶのに対し、西寺(にしでら)と呼ばれる。
807年(大同2年)平城天皇の勅願により弘法大師の開基。()

仁王門
仁王門
納経所
納経所

嵯峨天皇が金剛頂寺とした勅額を奉納したことから現在の寺名に改め、さらに淳和天皇も勅願所とした。当初は室戸市のほぼ全域を寺領とするほど隆盛であった。
戦国時代には長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)が寺領を寄進しているほか、土佐藩主山内家の祈願所とされた。明治初年まで女人禁制であった。()

大師像
大師像
がん封じ乃椿
がん封じ乃椿
一粒万倍の釜
一粒万倍の釜

本堂横に正倉院様式の霊宝殿(拝観は要予約)があり、平安時代末期の木造阿弥陀如来坐像、銅造観音菩薩立像、板彫真言八祖像、金銅密教法具、銅鐘(朝鮮鐘)などの国重要文化財を収蔵している。
高知県で発見され、牧野博士が命名したヤッコソウの自生地がある。()

線香立て
線香立て
鐘楼
鐘楼