神変寺の御朱印
篠栗四国八十八ヶ所霊場 御朱印

篠栗四国八十八ヶ所
篠栗四国八十八ヶ所霊場 御朱印

篠栗四国八十八ヶ所
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

納経帳 篠栗霊場八十八カ所用(カバー付)
価格:2060円(税込、送料別) (2019/5/1時点)

福岡の神社・仏閣
神変寺(しんぺんじ)

住所/〒811-2405 福岡県糟屋郡篠栗町篠栗392-1
TEL/092−947−7195
アクセス
★電車/JR篠栗線「城戸南蔵院前」駅から徒歩約5分
★車/九州自動車道「福岡」ICから約12分
駐車場/南蔵院にて約100台(無料)
拝観料/無料
勧請元/四国八十八ヶ所第60番札所横峰寺(よこみねじ)
●第45番札所 城戸ノ滝不動堂(きどのたきふどうどう)から徒歩で約300m
●第71番札所 城戸千手観音堂(きどせんじゅかんのんどう)まで徒歩で約600m
※御朱印は南蔵院本堂で1番、45番、53番と一緒にいただける。

御堂・釈迦涅槃像
御堂・釈迦涅槃像

本尊は大日如来。篠栗四国八十八ヶ所霊場第60番札所。
昔は八木山峠の中腹にあって奥之院に次ぐ難所であったが、その後、桜の名所郷ノ原の川沿いに移転、さらに1984年(昭和59年)に南蔵院の別院・神変寺として松ヶ瀬の国道を少し入り込んだ場所に移転し、本堂が建立された。しかし、南蔵院の納骨堂・釈迦涅槃像の建立に伴い、一時は仮堂に移転したが、釈迦涅槃像完成後に元の場所に戻った。
寺名の由来は役行者の(おくりな)神変大菩薩に由来する。役行者(伝634〜701年)とは大和時代の呪術者役小角(えんのおづぬ)のこと。修験道の開祖、または山伏の元祖といわれ、伝説上の有名人である。江戸時代の没後1100年大遠忌に、時の光格天皇から(おくりな)が送られた。
さば大師とは四国別格二十霊場第4番札所鯖大師本坊のことである。()

御堂
御堂
さば大師像・魚霊観音像
さば大師像・魚霊観音像



HOME TOP BACK LINK