宇佐神宮のご朱印
ご朱印 ご朱印

大分の神社・仏閣
宇佐神宮
【宇佐神宮のサイトへ】

住所/〒872-0102 宇佐市南宇佐2859
TEL/0978−37−0001
アクセス
★電車/JR日豊本線「宇佐」駅より、大分交通バスで約10分
         「宇佐八幡」バス停下車 徒歩約10分
★飛行機/大分空港より大分交通快速リムジンバスで約1時間
         「宇佐八幡」バス停下車 徒歩約10分
★車/宇佐別府道路「宇佐」ICから約10分
駐車場/約500台(400円)
開門時間/4〜9月 5:30〜21:00
      10〜3月 6:00〜21:00
       (境内無料)
拝観料/300円(宝物館)
拝観時間/9:00〜16:00

表参道
表参道
表参道と社号碑
表参道と社号碑

全国八幡社の総本宮。
御祭神は一之御殿に八幡大神(はちまんおおかみ)[誉田別尊(ほんだわけのみこと)(応神天皇)]、
二之御殿に比売大神(ひめおおかみ)[多岐津姫命(たぎつひめのみこと)市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)多紀理姫命(たぎりひめのみこと)]、
三之御殿に神功皇后(じんぐうこうごう)[息長帯姫命(おきながたらしひめのみこと)]を祀る。()

神橋
神橋
黒男神社
黒男神社

八幡大神とは応神天皇の御神霊で、571年に宇佐の地に御示現になり「われは誉田天皇広幡八幡麿呂なり。我名をば護国霊験威力神通大自在王菩薩と申す」と告げたという。
応神天皇は英明にして、大陸の文化や産業を導入して新しい国づくりを進め、皇室では伊勢につぐご先祖の神社として崇敬され、特に勅使の和気清麿に国体を正す神教を授けたことで有名である。()

大鳥居
大鳥居
春宮神社
春宮神社

能楽殿
能楽殿
絵馬堂
絵馬堂

この宇佐は神代に比売大神が天降られて早くから開けた処で、宇佐の国造はこの神を奉祀してきた。また神武天皇御東征の皇軍を迎えた聖地でもあった(一柱騰宮(あしひとつあがりのみや))。
比売大神は、後に筑前の宗像大社や安芸の厳島神社に祀られ、福徳愛敬、交通安全等の守護神として崇められ、また神功皇后は母神として宇佐に祀られ、神人交歓、安産、教育等の神徳も高くあらわれた。()

奉納された酒樽
奉納された酒樽
亀山神社
亀山神社

祓所
祓所
力石
力石

清和天皇のとき僧行教により、860年に平安京の鎮護として宇佐の御分霊を祀り石清水八幡宮を創立し、源頼朝は鎌倉幕府の鎮守として鶴岡八幡宮を建てるというように全国に四万社余りの御分社が次々に祀られた。また聖武天皇の勅願で、神宮寺弥勒寺を建てられたことにより、国東半島を中心とした六郷満山の仏教文化発祥に多大な影響を与えた。()

神井
神井
祈祷殿
祈祷殿

宇佐鳥居・西大門
宇佐鳥居・西大門
西大門
西大門

(左上)宇佐鳥居 宇佐神宮独特の鳥居で額や額束(がくづか)がなく、柱の上部に黒い台輪(だいわ)が置かれているのが特徴。上宮手前の鳥居は木製で県指定有形文化財にも指定されており、境内の鳥居はすべてこの様式にならっている。

春日神社・北辰神社
春日神社・北辰神社
住吉神社
住吉神社

南中楼門(勅使門)
南中楼門(勅使門)
神札・お守り授与所
神札・お守り授与所

本殿は国宝に指定され、南に面し、向かって左から第一殿(725年創建)、第二殿(733年創建)、第三殿(823年創建)の三棟が並んでいる。現在の本殿は1855〜1861年にかけて造営されたもので、1963〜64年(昭和38〜39年)に大修復が行われた。三殿とも白壁朱漆柱の華麗な建物で規模はほぼ同じ、切妻造の屋根を二つが造り合いになっている。横から見ると屋根がM字に見える八幡造りという古い神社形式を今に伝えている。
ここでは古くから「二礼・四拍手・一礼」の作法で行われる。この形は往古より受け継がれてきたもので史料はなくその起源は不詳という。()

南大門
南大門
南大門
南大門

左が上宮、右が下宮
左が上宮、右が下宮
若宮神社
若宮神社

(右上)若宮神社 応神天皇の子供の仁徳天皇を祀る。御祭神の三体の神像は国の重要文化財に指定されている。()
(下)下宮 御祭神は上宮と同じで、古くから御炊殿(みけでん)といい、神へ捧げる食事を調理する場所でもあった。創建は810〜824年といわれる。()

下宮
下宮
下宮
下宮

大元神社遥拝所
大元神社遥拝所
御許山
御許山

(左下)26号蒸気機関車(クラウス号) 宇佐八幡駐車場の南側に展示されている機関車で県指定有形文化財。1891年(明治24年)のドイツ製で1948年(昭和23年)に国鉄から大分交通に譲られると、宇佐駅と宇佐神宮を結ぶ宇佐参宮鉄道の主役として1965年(昭和40年)まで活躍した。()

26号蒸気機関車(クラウス号)
26号蒸気機関車(クラウス号)
宇佐駅
宇佐駅

寺社巡り覚書
JR日豊本線「宇佐」駅は朱色の柱に注連縄が飾られている。