六郷満山(ろくごうまんざん)
六郷満山(ろくごうまんざん)」とは、国東半島一帯に開かれた寺院群をいう。「六郷」は、古代国東半島にあった六つの郷(田染(たしぶ)来縄(くなわ)伊美(いみ)国前(くにさき)武蔵(むさし)安岐(あき))、「満山」はそこに築かれた寺院の集合である。2018年に開山1300年を迎えた。
最盛期には65の寺と800を超える宿坊があり、大勢の僧が住んでいたといわれる。そして現在も約30の六郷満山寺院が歴史を守り継いでいる。
六郷満山の寺々はそのほとんどが718年宇佐八幡神の化身とされる仁聞(にんもん)菩薩によって開かれたという。八幡神という神が、菩薩という仏に生まれ変わった姿、神と仏の習合である。仁聞(にんもん)菩薩は、国東の山野をめぐり、山岳信仰の修行の場として28ヵ寺を開いた。これらは寺院というより岩屋を中心とする行場的なもの。宇佐宮の宮内には弥勒寺といわれる神宮寺があり、その僧たちが仁聞(にんもん)菩薩とともに国東半島の山々へ分け入り、岩屋に仏様をおさめて修行の巡礼をした。これが六郷満山の始まりである。
804年に天台宗の開祖・伝教大師最澄が渡唐の途中、航海の安全を祈願して宇佐八幡宮に参拝した。その後、宇佐宮が荘園を領する国東半島一円に天台宗が広まっていく。こうして厳しい地形での修行を好む山岳信仰と、九州でいち早く伝わった天台仏教が融合し、神仏習合の宇佐八幡宮主導のもとに六郷満山文化が生まれた。
六郷満山の寺院は学問修業の場であった。立地と役割により三つに大別されている。まず宇佐八幡宮に近い八ヵ寺を本山本寺とし、学僧養成と統率的な職務を担当、次に半島中央部に位置する十ヵ寺を中山本寺とし、山岳修練の行を実践する僧が集い、各種記録を行う職務を持つ寺、そして半島周辺部にある十ヵ寺を末山本寺とし、一般の人々と接しながら修行をしていた。
詳しくは ⇒「宇佐神宮六郷満山霊場」の公式サイトまで()

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】(六郷満山開山千三百年)千三百年の祈り
価格:10000円(税込、送料無料) (2018/4/22時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

国東六郷満山 宇佐神宮と国東半島霊場札所巡り [ 古野たづ子 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/4/22時点)