根香寺のご朱印と御影
四国八十八ヶ所霊場 ご朱印

四国八十八ヶ所霊場
ご朱印
四国八十八ヶ所霊場 御影

四国八十八ヶ所霊場
御 影
四国霊場 開創1200年記念 御影

開創1200年記念
御 影

香川の神社・仏閣
根香寺(ねごろじ)
【根香寺の紹介サイトへ】

住所/〒761-8004 高松市中山町1506
TEL/087−881−3329
アクセス
★電車/JR予讃線「高松」駅から
        ことでんバスで「根香口」バス停下車 徒歩約1時間
      JR予讃線「鬼無」駅から徒歩約2時間
★車/高松自動車道「高松西」ICまたは「高松檀紙」ICより約25分
駐車場/約20台(無料)
拝観料/無料
納経時間/7:00〜17:00
●第81番札所 白峯寺(しろみねじ)から徒歩で約5km、車で約8km
●第83番札所 一宮寺(いちのみやじ)まで徒歩で約12km、車で約18km

仁王門
仁王門
本堂
本堂

天台宗。本尊は千手観世音菩薩。正しくは青峰山(あおみねざん)千手院(せんじゅいん)根香寺(ねごろじ)という。
四国八十八ヶ所第82番札所。()

五大堂
五大堂
大師堂
大師堂

弘仁年間(810〜823年)に弘法大師(空海)が巡錫し、五色台の山々に金剛界曼荼羅の五智如来を感得、五智如来の色で青峰、赤峰、白峰、黒峰、黄峰と名付けた。そして首峰の青峰の山中に五大明王を祀り花蔵院を建立したのが始まり。()

白猴欅
白猴欅
仁王門扁額
仁王門扁額
役行者像
役行者像

弘法大師の甥にあたる智証大師(円珍)が832年に青峰の麓を巡錫したとき、白猿を連れた山王権現が現れ、神告により不思議な霊木で千手観音像を刻み、本尊として安置し千手院を建立した。この本尊彫刻の根株が長く芳香を放つので、弘法大師創建の花蔵院と総称して根香寺と号した。
後白河上皇はこの本尊を深く信仰し当寺を祈願所とした。()

万体観音堂
万体観音堂
万体観音堂入口
万体観音堂入口

1664に再建された本堂へは観音様の並ぶ回廊式前堂「万体観音堂」を通る。()

牛鬼像
牛鬼像
五大堂・納経所
五大堂・納経所

牛鬼伝説 江戸時代初期、この地には牛鬼がいて人や家畜に危害を加えていた。そこで弓の名手であった山田蔵人高清に退治を依頼し、みごと高清は牛鬼を退治した。そして退治した牛鬼の角を切り取り、根香寺に奉納し菩提を弔ったと伝えられている。現在、根香寺にはその牛鬼の角と牛鬼の姿が描かれた掛け軸が残っているという。()