兵庫の神社・仏閣
西宮神社
【西宮神社のサイトへ】

住所/〒662-0974 兵庫県西宮市社家町1-17
TEL/0798−33−0321
アクセス
★電車/阪神電車「西宮」駅から徒歩5分
      JR神戸線「さくら夙川」駅から徒歩8分
      阪急電車「夙川」駅から徒歩15分
★車/阪神高速「西宮」ランプよりすぐ
    あるいは阪神高速「武庫川」ランプより約5分
駐車場/無料
拝観料/無料
受付時間/9:00〜16:00

拝殿
拝殿
本殿
本殿

御祭神は、第一殿に蛭児大神(ひるこおおかみ)を祀り、第二殿に天照大御神(あまてらすのおおみかみ)及び明治初年に大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)を配祀、第三殿に須佐之男大神(すさのおのおおかみ)を奉斎している。神仏霊場兵庫2番。
天照大御神(あまてらすのおおみかみ)蛭児大神(ひるこおおかみ)須佐之男大神(すさのおのおおかみ)の三神は日本書記によれば兄弟の神と言われ、蛭児大神(ひるこおおかみ)は三歳になるまで足が立たなかった不具の子であったともいわれている。伊邪那岐(いざなき)伊邪那美(いざなみ)二柱の神は、我が子をあわれと思いつつも、葦船に入れて茅渟(ちぬ)の海へ流した。
大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)は式内社・大国主西神社が西宮であるとのいわれから、明治になって配祀されるようになったと考えられる。

福笹授与所
福笹授与所
招福大まぐろ
招福大まぐろ

本殿は三連春日造(さんれんかすがづくり)という構造で、江戸時代1663年に四代将軍家綱より寄進されたが、1945年(昭和20年)の空襲で焼失、その後1961年(昭和36年)桧皮葺から銅板葺にほぼ元通りに復興された。
通称赤門と呼ばれる表大門は、豊臣秀頼の奉献によるものとされ、桃山建築の遺構を残し、その左右に連なる全長247mに及ぶ大練塀(おおねりべい)とともに重要文化財に指定されている。大練塀(おおねりべい)は室町時代に建造されたものと推定され、名古屋・熱田神宮の信長塀、京都・三十三間堂の太閤塀と共に日本三大練塀と称されている。

十日えびす露店
十日えびす露店
十日えびす露店
十日えびす露店

御由緒は、古くは茅渟(ちぬ)の海といわれた大阪湾の神戸・和田岬の沖より出現した御神像を西宮・鳴尾の漁師が祀っていたのが、御神託によりそこから西の方である西宮に遷し祀ったのが起源と伝えられる。
鎮座の年代は不明だが、(えびす)の名は平安時代後期には文献に記載されている。古社廣田神社の浜南宮の内に鎮座したえびす大神は漁業の神として信仰されていたが、この西宮は西国街道の宿場町としても開け、市が立ち、やがて市の神、そして商売繁盛の神様として盛えるようになる。
1872年(明治5年)3月に廣田神社と分離した。現在では1月9日、10日、11日の「十日えびす」には百万人に及ぶ参拝者で賑わう。特に10日早暁の大祭終了後の開閉神事・走り参りは、福男選びとして大変な熱気につつまれる。()