永観堂のご朱印
西山国師遺跡霊場 ご朱印

西山国師遺跡霊場

京都の神社・仏閣
永観堂
【永観堂のサイトへ】

住所/〒606-8445 京都市左京区永観堂町48
TEL/075−761−0007
アクセス
★電車/JR京都線「京都」駅から市バス「南禅寺・永観堂道」下車 徒歩3分
          または「東天王町」下車 徒歩5分
     あるいは地下鉄東西線「蹴上」駅下車 徒歩15分
★車/名神「京都東」ICより三条通りを西へ約20分
駐車場/無料(11月除く) 市営「岡崎公園駐車場」あり(有料)
拝観料/600円
拝観時間/9:00〜17:00

総門
総門
中門
中門

浄土宗西山禅林寺派総本山。西山国師遺跡霊場第8番札所、洛陽六阿弥陀霊場第2番札所。
永観堂の正式名称は聖衆来迎山(しょうじゅらいごうさん) 無量寿院(むりょうじゅいん) 禅林寺(ぜんりんじ)
第7世法主永観律師にちなみ永観堂と通称される。()

軒丸瓦当
軒丸瓦当
勧学門
勧学門

平安時代初期853年草創。863年弘法大師の高弟・真紹僧都が清和天皇から寺院建立の許可をもらい、禅林寺という名を賜り真言密教の寺として始まる。
永観律師は薬王院という施療院を建て、窮乏の人達を救いその薬食の一助にと梅林を育てて「悲田梅」と名づけて果実を施す等、救済活動に努力され大きく発展する。()

浴室
浴室
本坊
本坊

鎌倉時代の住職・静遍僧都は真言宗の僧侶であったが、念仏の教えに深く帰依、法然上人の高弟・証空上人に住職を譲り、浄土宗西山派の寺院となる。()

境内
境内
唐門
唐門

(右上)唐門 江戸末期1830年再建。天皇の使いが出入りするときに使われた勅使門。釈迦堂との間に盛り砂があり、勅使はこの盛り砂を踏んで身を清めて入堂した。()

大玄関と多宝塔
大玄関と多宝塔
御影堂
御影堂

開山堂
開山堂
臥龍廊
臥龍廊

(右上)臥龍廊 山の斜面に沿って、巧みに木を組み合せて作られた階段と廊下。御影堂から、阿弥陀堂、開山堂に登っていける。()

多宝塔上り口
多宝塔上り口
多宝塔
多宝塔

(上)多宝塔 法然上人・証空上人御廟所。
上部は円形、下部は方形の二重塔。五重塔のように、屋根の上に伸びる心柱に九輪と水煙が付いているのは珍しい。境内の最も高い位置に建てられ、ここから京都の町並みが一望できる。()

放生池
放生池
弁天社
弁天社
紅葉(総門から)
紅葉(総門から)
紅葉(南門)
紅葉(南門)