西方院のご朱印
新西国霊場 ご朱印

新西国霊場

大阪の神社・仏閣
西方院
【西方院のサイトへ】

住所/〒583-0995 大阪府南河内郡太子町太子1663
TEL/0721−98−0133
アクセス
★電車/近鉄長野線「喜志」駅または近鉄南大阪線「上ノ太子」駅より、
       金剛バス「太子前」バス停下車、徒歩約5分
★車/南阪奈道路「太子」ICから約5分
駐車場は北側の叡福寺無料駐車場を利用すると便利、乗用車約20台駐車可
入山料/無料
入山時間/9:00〜17:00

参道
参道
鐘楼堂と山門
鐘楼堂と山門

聖徳太子三尼公御廟所。新西国霊場第8番札所。浄土宗。山号は南向山。
日本で最初に創建された尼寺と言われている。
622年、聖徳太子の死後、その乳母であった月益姫(蘇我馬子の娘)、日益姫(小野妹子の娘)、玉照姫(物部守屋の娘)の三姫が剃髪して仏門に入り、墓前にお堂を建て、聖徳太子の遺髪と聖徳太子作の阿弥陀如来像を安置し、冥福を祈ったのが寺の始まりと伝えられている。()

鐘楼堂
鐘楼堂
本堂
本堂