沖縄の神社・仏閣
普天満山神宮寺
【普天満山神宮寺のサイトへ】

住所/〒901-2202 宜野湾市普天間1丁目27-11
TEL/098−892−3335
アクセス
★バス/「普天間」バス停より約5分
★車/沖縄自動車道「北中城」ICより約5分
駐車場/数十台(無料)
拝観料/無料
拝観時間/8:00〜18:00

山門
山門
本堂
本堂

東寺真言宗。
1459年に尚泰久王(しょうたいきゅうおう)の勅願で住民の祈願所として建立された。当時は首里から中部方面への視察に際し、御休み処がこの普天間にあり徐々に整備され、開山になったといわれる。あるいは中城(なかぐすく)城主護佐丸公(ごさまるこう)勝連(かつれん)城主阿麻和利公(あまわりこう)に攻められ落城した際に、城の資材を当地に運び、護佐丸公(ごさまるこう)の菩提を弔うために建てられたとも言われている。()

鐘楼堂
鐘楼堂
大師堂
大師堂

創建以来、隣接する普天満宮と一緒に祀られていたが、明治時代の廃仏毀釈により、それぞれ分離して現在に至っている。
沖縄戦では堂宇はことごとく戦災により失ったが、ハワイや南米の県人会を中心に復興資金が届けられ、1953年(昭和28年)に本堂と庫裡が再建された。現在の本堂は1997年(平成9年)に再建されたもの。()