大聖院のご朱印
東海三十六不動尊霊場 ご朱印

東海三十六不動尊霊場

三重の神社・仏閣
大聖院
【大聖院の紹介サイトへ】

住所/〒510-0885 三重県四日市市日永2-11-7
TEL/059−345−1666
アクセス
★電車/四日市あすなろう鉄道内部線「日永」駅より徒歩約3分
★車/東名阪自動車道「四日市」ICより約20分
駐車場/約10台(無料)
拝観料/無料

本堂
本堂
本堂扁額
本堂扁額

真言宗醍醐派。山号は無動山。本尊は不動明王。
三重四国八十八ヶ所第9番札所、東海三十六不動尊第29番札所、伊勢七福神の福禄寿を祀る。
奈良時代738年、行基菩薩により開創。
平安時代には京都醍醐寺座主・定海僧正の御住坊であった。()

山門
山門
(左)庚申堂(右)弁天堂
(左)庚申堂(右)弁天堂

1565年、松井親蔵法印が千種氏の庇護のもと、一族の守り本尊であった不動明王を奉じ氏寺として再興した。
1690年、中興第4世海養法印は寺地を今の地に定め、寺号を大聖院と改めた。中興第7世快養法印は神戸藩内の寺社仏閣から当寺を選び、1746年に神戸城地鎮祭の祈祷を執り行った。
その後も醍醐三宝院直末、神戸藩主御祈願寺として信仰を集めたが、明治時代初めの廃仏毀釈で多くの寺領地を失い、境内も現在の範囲を残すのみとなった。
本尊不動明王(秘仏)は鎮守府将軍源頼義・義家父子の念持仏で、平安時代後期の代表的尊像として重要文化財に指定されている。()