京都の神社・仏閣
御輿岡(みこしがおか)神社
【御輿岡神社の紹介サイトへ】

住所/〒604-8451 京都市中京区西ノ京御輿岡町6
アクセス
★電車/JR「京都」駅より京都市バス「北野中学前」下車 徒歩約3分
         または「西ノ京円町」下車 徒歩約5分
      JR嵯峨野線「円町」駅下車 徒歩約6分
駐車場/なし
拝観料/無料 境内自由

北野天満宮御旅所鳥居
北野天満宮御旅所鳥居
御輿岡神社
御輿岡神社

御祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)少彦名命(すくなひこなのみこと)、菅原大神(菅原道真)。
洛陽天満宮二十五社のひとつ。()

ずいき神輿説明板
ずいき神輿説明板

太古この近辺は神楽岡と称する大きな森林であり、大己貴命(おおなむちのみこと)少彦名命(すくなひこなのみこと)の二神が鎮守の神として祀られていた。
947年、北野に天満宮が創建されて、初めて神輿がこの場所に渡御したことにより御旅所と定められ、地名も御輿岡に改称された。さらに菅神を合祀して北野天満宮の境内外末社となる。()

神輿殿
神輿殿
鳳輦・花傘
鳳輦・花傘

導山
導山
ずいき神輿
ずいき神輿

1607年の天満宮本社造営の際、西ノ京氏子の人々がこれを祝って新鮮な農作物で神輿を作り、9月4日神前に奉納したのが今に受け継がれるずいき祭の発祥である。
毎年ずいき祭期間中の10月1日より3日まで、当所には三基の鳳輦(ほうれん)とずいき神輿が駐輦し八乙女田舞(やおとめたまい)や献茶祭などの祭典・行事でにぎわう。()

ずいき神輿
ずいき神輿
ずいき神輿
ずいき神輿