真田庵のご朱印
尼寺三十六所霊場 ご朱印

尼寺三十六所霊場

和歌山の神社・仏閣
真田庵
【真田庵の紹介サイトへ】

住所/〒648-0101 和歌山県伊都郡九度山町九度山1413
TEL/0736−54−2218
アクセス
★電車/南海高野線「九度山」駅から徒歩約10分
★車/京奈和自動車道「高野口」ICより約10分
駐車場/なし(近くに無料の町営駐車場あり)
入山料/無料
開門時間/7:00〜16:00
※真田宝物資料館
 入館料/200円(団体で住職の案内を希望する場合は300円)
 開館時間/9:00〜16:00(年末年始以外無休)

山門
山門
本堂
本堂

高野山真言宗。尼寺三十六所霊場第20番札所。
正しくは善名称院(ぜんみょうしょういん)といい、戦国時代の武将、真田昌幸・信繁(幸村)父子隠棲の屋敷跡として県の史跡に指定されている。
1714年に大安上人が創建。本尊は延命子安地蔵菩薩。山号は伽羅陀山(きゃらださん)()

本堂
本堂
本堂
本堂

信州上田城主であった真田安房守昌幸は関ヶ原合戦の時に次男信繁と共に西軍に組して戦った。戦のあと、徳川家康から高野山での謹慎を命じられ、1600年に高野山に登りまもなく父子共にこの九度山に閑居した。昌幸は1611年に65歳で亡くなり、屋敷地に葬られたのがこの墓地である。
その後、信繁は1614年に子・大助ら一族と共にこの地を出、大坂城に入城し、大坂の陣で奮戦、1615年に茶臼山付近で最後を遂げた。
その後、1741年に大安上人によって善名称院(ぜんみょうしょういん)が建立され現在に至る。()

(左)土砂堂(右)大安上人御廟
(左)土砂堂(右)大安上人御廟
土砂堂
土砂堂

大安上人は1694年に九度山村で生まれる。13歳のとき高野山西生院へ弟子入り、その後、京都また諸国を巡り、40歳で九度山村に戻る。1741年に真田の旧跡へ地蔵尊を安置した。
土砂加持の信仰を強く持ち、紀の川の清らかな砂を何度も清水にさらし、人々の災難や悪病除のお祈りをした。上人からこの土砂をいただくと不思議に病気が治り、災難を避けられたので、人々は父母のように上人を慕って集まってきた。この活躍は朝廷や公家衆にも知られ、後桃園天皇は大安の加持土砂を毎朝供養したという。
1773年には如意宝蔵落慶法要を行い、その際、嵯峨御所から菊の紋付き提灯が奉納され、以後この紋を使うことが許された。()

長屋門の菊花紋章
長屋門の菊花紋章
長屋門の六文銭紋章
長屋門の六文銭紋章

六文銭旗の由来 1582年、三国峠で上杉軍を説き伏せた真田父子は三百余人の軍勢を引いて三国峠を過ぎた笠が城で北条氏政の大軍四万五千と対決。その時信繁(幸村)は14歳。父昌幸に「家名をあげるのはこの時です。どうして恐れることがありましょうか」と言って無紋の旗を取出し北条方の重臣松田尾張守の旗の紋、永楽通宝の紋を描き、旗六本を造り味方を六隊に分け敵陣に夜討ちをかけた。北条方は松田が謀反を起こした言って大騒動となった。昌幸は信繁にその功を誉め「お前は今から定紋を六文銭にすることを許す」と言ったという。()

長屋門
長屋門
雷封じの井
雷封じの井

真田地主大権現
真田地主大権現
大安上人御廟
大安上人御廟

(左上)真田地主大権現 当寺で怒った姿の昌幸の霊がたびたび見られた。そこで大安上人は昌幸の霊をこの地の大権現の神様にして祀ったところ、穏やかな顔になった昌幸が現れ、そして祀ってもらったお礼にこの地を守ると約束したという。()