浄心寺のご朱印
江戸三十三観音霊場 ご朱印

江戸三十三観音霊場

東京の神社・仏閣
浄心寺(じょうしんじ)
【浄心寺のサイトへ】

住所/〒113-0023 東京都文京区向丘2-17-4
TEL/03−3821−0951
アクセス
★電車/東京メトロ南北線「東大前」駅、「本駒込」駅より徒歩約7分
      都営地下鉄三田線「白山」駅より徒歩約10分
駐車場/10台(無料)
入山料/無料

布袋尊・寺号碑・参道
布袋尊・寺号碑・参道

浄土宗。正しくは湯嶋山(とうとうざん)常光院(じょうこういん)浄心寺(じょうしんじ)という。江戸三十三観音霊場第10番札所。
本尊は阿弥陀如来で、札所本尊は脇侍の十一面観世音菩薩(子育桜観音)。()

本堂
本堂
本堂扁額
本堂扁額

1612年、畔柳助九郎の開基、還蓮社到誉文喬和尚を開山上人とし、湯島妻恋坂付近に創建された。その後、振袖火事として知られる江戸の大火により焼失し、現在の地に移転した。
1945年(昭和20年)の戦災で本堂等を焼失、現在の本堂は1973年(昭和48年)に再建されたもの。
本尊の阿弥陀如来立像の高さは俗に「丈六」と呼ばれる1丈6尺(約4.85m)もある。
本尊と脇侍の観音菩薩像、勢至菩薩像の三体の仏像は、高村光雲の弟子である阿井瑞岑師と先崎栄伸師によって造られたもの。()