島根の神社・仏閣
松江神社

住所/〒690-0887 松江市殿町1
TEL/0852−22−2324
アクセス
★電車/JR山陰本線「松江」駅より徒歩約30分
    一畑電鉄「松江しんじ湖温泉」駅より徒歩約20分
★車/山陰自動車道「松江西」ICより約10分
駐車場/なし
※市営松江城大手前駐車場(約70台 1時間未満で300円)より徒歩約5分
拝観料/無料  境内自由

正面鳥居
正面鳥居

主祭神・松平直政(松江松平家初代藩主)
合祀神・徳川家康(東照宮)
配祀神・松平治郷(松平家七代藩主)
配祀神・堀尾吉晴(松江開府の祖)()

拝殿
拝殿
拝殿扁額
拝殿扁額

旧松江藩の有志により、松平直政を御祭神として、1877年(明治10年)に西川津村(現松江市西川津町)楽山に楽山神社として創建された。
1898年(明治31年)朝酌(あさくみ)村(現松江市西尾町)にあった東照宮の御神霊を合祀し、翌年に現在地の松江城山二之丸に遷座して、社名を松江神社と改めた。現在の社殿は堀尾忠晴が朝酌(あさくみ)村に祀った東照宮の社殿である。
1931年(昭和6年)に、松江藩中興の明主として仰がれた七代藩主松平治郷(不昧)と、松江開府の祖堀尾吉晴の遺徳を称えて御神霊を配祀し、今日に至っている。()