観音正寺のご朱印
西国三十三所 ご朱印

西国三十三所

滋賀の神社・仏閣
観音正寺
【観音正寺のサイトへ】

住所/〒521-1331 滋賀県近江八幡市安土町石寺2
TEL/0748−46−2549
アクセス
★電車/JR琵琶湖線「安土」駅下車 徒歩90分(桑実寺経由)
     JR琵琶湖線「能登川」駅下車 近江バスで観音寺口より徒歩40分
★車/名神「竜王」ICより約30分
駐車場/500円(約25台)
入山料/無料
入山時間/8:00〜17:00

観音正寺石碑
観音正寺石碑
参道
参道

天台宗単立寺院。西国三十三所観音霊場第32番札所、びわ湖百八霊場第70番札所(湖東17番札所)、神仏霊場滋賀7番。
山号は繖山(きぬがささん)。605年(推古天皇13年)聖徳太子開基。()

鐘楼
鐘楼
仁王像
仁王像

寺伝では、聖徳太子が繖山(きぬがささん)に紫雲たなびくのを見て霊山と知り、みずから千手観音像を彫って堂塔を建立したのが始まりとされている。
はじめは繖山(きぬがささん)の山頂に建てられていたが、室町時代この地を治めていた佐々木氏が、山上に城を築いたときに巡礼に間者が混じるのを嫌って、寺を山のふもとの観音谷に移転させた。この佐々木氏の庇護を受け最盛期は33を越える塔頭を擁していた。戦国時代に織田信長に攻められ堂塔はすべて焼失したが、その後1597年に教林坊の宗徳法橋が再興した。()

(手前)白蛇大明神(奥)本堂
(手前)白蛇大明神(奥)本堂
濡れ仏
濡れ仏
句碑と桜
句碑と桜
太子堂と納経所
太子堂と納経所

1993年の火災で本堂や本尊など焼失し、現在の本堂は2004年に再建されたもので、本尊も新たに造立された。()

本堂
本堂
石積み
石積み