荒立神社のご朱印
ご朱印

宮崎の神社・仏閣
荒立(あらたて)神社
【荒立神社の紹介サイトへ】

住所/〒882-1101 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井667
TEL/0982−72−2368
アクセス
★電車/JR日豊本線「延岡」駅下車
      宮崎交通バスにて高千穂行「高千穂バスセンター」下車 徒歩約15分
★車/九州中央自動車道「蔵田」出口より約30分
    九州自動車道「熊本」ICより約1時間40分
駐車場/約20台(無料)
拝観料/無料  境内自由

一の鳥居
一の鳥居
二の鳥居
二の鳥居

ご祭神は猿田彦命(さるたひこのみこと)天鈿女命(あめのうずめのみこと)を主祭神に、大年神(大歳神)や御祀神を祖とする興梠(こうろき)氏先祖を祀る。
由来は、天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が天照大神の命を承けこの国に降臨の途中、天孫一行を案内するため猿田彦命(さるたひこのみこと)が「天のやちまた」というところまで出向き、一行を無事に高千穂のくし觸峯に案内したが、その後に降臨の神々の中の天鈿女命(あめのうずめのみこと)瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の命により猿田彦命(さるたひこのみこと)と結ばれ、切り出したばかりの荒木でこの地に家を建て住居とした。その後、社を荒木で白木造りとしたことから別名「荒立宮」とも言われる。()

三の鳥居
三の鳥居
本殿
本殿

天孫降臨の道案内をした猿田彦命(さるたひこのみこと)の御神徳は、道開き(交通安全、縁談)の他に五穀豊穣・商売繁盛・厄除け・夫婦和合・長寿などで、庚申としても祀られる。
また天鈿女命(あめのうずめのみこと)は、天照大神が天岩屋戸にお隠れになった時に、その前で天香具山の日陰蔓(ひかげのかずら)(たすき)に笹の葉を手に乳房もあらわに乱舞し、岩屋戸開きのきっかけを作ったが、この事が神楽の始まりといわれ、御神徳は芸事の上達成就・子宝・安産・長寿などである。()

神楽殿
神楽殿
歳神
歳神

七福徳寿板木
七福徳寿板木
未来板木
未来板木

(左上)七福徳寿板木 この板木を心を込めて力強く七つ打って祈願すると、荒立宮の御祭神猿田彦命(さるたひこのみこと)をはじめ天孫降臨の八百萬大神より七つの御神恵(しんけい)を拝受することが出来るという。
五穀豊穣・交通安全・商売繁盛・家運繁栄・縁結び安産長寿・厄除け・芸能武道学業成就()




HOME TOP BACK LINK