蓮華寺のご朱印
近畿三十六不動尊霊場 ご朱印

近畿三十六不動尊霊場

京都の神社・仏閣
蓮華寺
【蓮華寺の紹介サイトへ】

住所/〒616-8092 京都市右京区御室大内20
TEL/075−462−5300
アクセス
★電車/JR「京都」駅、京阪「三条」駅、阪急「大宮」駅から
        市バス「御室仁和寺」下車 すぐ(仁和寺東門前)
     京福電鉄「御室仁和寺」駅下車 徒歩約3分
★車/名神「京都東」ICあるいは「京都南」ICより約40分
駐車場/仁和寺 500円(120台)
拝観料/無料

山門
山門
不動堂
不動堂

真言宗御室派の別格本山。山号は五智山。近畿三十六不動尊霊場第15番霊場。
1057年御冷泉天皇の勅願により藤原康基が建立。その後、応仁の乱(1467年)の兵火にあい、鳴滝音戸山に移されたが、長い間荒廃が続いた。1635年江戸の豪商樋口平太夫家次翁は五智不動尊の霊夢に導かれ、発心入道して常信と名を改め、1641年荒廃していた蓮華寺の伽藍堂宇を再興し、仁和寺の宮覚深法親王(御水尾天皇皇兄)より改めて五智山蓮華寺の号を賜る。

境内石仏
境内石仏
鐘楼
鐘楼

1928年慈海大僧正により、寺院は現在の地に移され、1958年五智如来を始め離散していた石仏群は、集めて修復され境内に安置された。1641年、平太夫翁が蓮華寺再興に当たり、木喰僧・坦称上人に五智不動尊像の修理と五智如来の彫刻を依頼した。
きゅうりふうじで有名。

五智如来
五智如来

(上)五智如来 五大如来とも呼び、大日如来を中心とし、宇宙そのものを象徴したもので、太陽のごとく万物を慈しみ、知恵と五穀豊穣の功徳を表し、古来より庶民に深く信仰されてきた。
右より、
薬師如来:病魔を退散させ医薬の功徳を表す。
宝生如来:福徳財宝の功徳を表す。
大日如来:太陽を示し万物を慈五穀豊穣の功徳を表す。
阿弥陀如来:極楽往生の功徳を表す。
釈迦如来:知恵聡明の功徳を表す。