月読神社のご朱印
ご朱印

京都の神社・仏閣
月読(つきよみ)神社
【月読神社のサイトへ】

住所/〒615-8296 京都市西京区松室山添町15
TEL/075−394−6263
アクセス
★電車/JR「京都」駅から市バス、京都バス「松尾大社前」下車 徒歩約10分
    あるいは、阪急嵐山線「松尾」駅下車 徒歩約10分
★車/名神「京都南」ICより約40分
駐車場/無料(数台)
拝観料/無料  境内自由

鳥居
鳥居
鳥居神額
鳥居神額

月読尊(つきよみのみこと)を主祭神とし、高皇産霊尊(たかみむすびのみこと)を相殿に祀る。
延喜式では名神大社の一つに数えられる神社で、元は壱岐氏により壱岐島で海上の神として奉斎されたものである。現在は松尾大社の摂社。
856年、水害の危険を避けるために、現在地の松尾山麓に遷座された。()

拝殿
拝殿
拝殿
拝殿

日本書紀によれば、487年阿閉臣事代(あべのおみことしろ)が朝鮮半島に遣わされる際に、壱岐で月読尊(つきよみのみこと)の神託があったので、これを天皇に奏上し山城国葛野郡歌荒樔田(うたあらすだ)の地に神領を賜って壱岐の月読神社の神を勧請し、壱岐県主の先祖押見宿禰(おしみのすくね)に祀らせたのに始まる。()

本殿
本殿
本殿神額
本殿神額

押見宿禰霊社遺跡碑
押見宿禰霊社遺跡碑
月延石
月延石

境内は江戸時代に建てられた本殿、拝殿を中心に、御舟社、聖徳太子社などから構成されている。また、神功皇后ゆかりの安産信仰発祥の石「月延石(つきのべいし)」を奉祀することから、今日まで広く「安産守護のお社」として崇拝されている。()

むすびの木
むすびの木
聖徳太子社
聖徳太子社
聖徳太子社石燈籠
聖徳太子社石燈籠