松尾寺のご朱印
西国三十三所 ご朱印

西国三十三所

京都の神社・仏閣
松尾寺
【松尾寺のサイトへ】

住所/〒625-0010 京都府舞鶴市字松尾532
TEL/0773−62−2900
アクセス
★電車/JR小浜線「東舞鶴」駅からタクシーで約20分
       あるいは京都交通バス「松尾寺口」バス停より徒歩で約40分
     JR小浜線「松尾寺」駅から徒歩約50分
★車/舞鶴若狭自動車道「舞鶴東」ICから15〜20分
駐車場/約100台(400円)
入山料/無料
開門時間/8:00〜17:00

山門
山門
山門
山門

真言宗醍醐派。開基威光上人、708年創建。本尊は座像馬頭観世音菩薩。
西国三十三所観音霊場第29番札所、神仏霊場京都52番。

本堂
本堂
大師堂
大師堂

『松尾寺縁起』によれば、中国から渡ってきた威光上人は、青葉山を見て中国の霊山「馬耳山」と似た形であり、霊地であろうかと入山したところ、山中の松の木の下で馬頭観音を感得し、手には観音像を握っていた。そこでその地に草庵を結び観音像を安置したのが始まりとされる。元明天皇が本堂を建立。寺号は観音の現れた松にちなむ。本尊の馬頭観音は春日為光が安置したという。
また別の開基伝説が江戸時代の『観音冥応集』に載っている。

納経所
納経所
境内の梅
境内の梅