宗像神社のご朱印
ご朱印

京都の神社・仏閣
宗像神社
【宗像神社の紹介サイトへ】

住所/〒602-0881 京都市上京区京都御苑9
TEL/075−231−6080
アクセス
★電車/地下鉄「丸太町駅」から徒歩約10分
      京阪「神宮丸太町駅」から徒歩約15分
★車/名神「京都南」ICから約20分
京都御苑駐車場
 料金/普通車3時間まで500円、以後1時間毎100円
・清和院駐車場(東側、寺町通側)
   普通車80台
   利用時間/8:40〜20:00(20:00閉鎖)
・中立売駐車場(西側、烏丸通側)
   普通車250台
   利用時間/7:40〜19:30(24時間出庫可)
拝観料/無料
拝観時間/6:00〜18:00

鳥居
鳥居
本殿
本殿

御祭神は、多紀理比売命(たきりひめのみこと)多岐都比売命(たぎつひめのみこと)市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)の御三姫で、総称して 宗像大神 と言う。
宗像大神は、古事記、日本書紀にも記す通り、遠く日本建国にあたり、天孫降臨に先立って、御親天照大御神より「汝三神の神は、宜しく道中に降りまして、天孫を助け奉りて、天孫の為に祭かれよ」と御神勅をいただいて、九州の福岡の宗像の地に鎮まり給わりました。
京都御所の宗像神社は、795年(平安京創立の翌年)、後の太政大臣藤原冬嗣公が桓武天皇の命によって、皇居鎮護の神として祀られたのが始まりである。()

右より、本殿、少将井社、繁栄稲荷社、金刀比羅宮
右より、本殿、少将井社、繁栄稲荷社、金刀比羅宮
京都観光神社
京都観光神社

(右上)京都観光神社 1969年建立。御祭神は猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)
昭和の時代になり、京都を訪れる観光客が急増し、その無事息災を祈念し、観光客を迎える全ての観光業者が一丸となって、併せて業界の発展のため、道案内の神をお迎えして建立された。()