京都の神社・仏閣
阿弥陀寺
【阿弥陀寺の紹介サイトへ】

住所/〒602-0802 京都市上京区寺町今出川上ル鶴山町14
TEL/075−231−3538
アクセス
★電車/地下鉄烏丸線「今出川」駅下車 徒歩約10分
     京阪「出町柳」駅下車 徒歩約10分
     市バス「河原町今出川」バス停より徒歩約8分
★車/名神「京都南」ICあるいは「京都東」ICから25〜30分
駐車場/約20台(無料)
拝観料/境内は無料
 6月2日のみ堂内拝観可 拝観料/1000円
拝観時間/9:00〜16:00

山門
山門
本堂
本堂

浄土宗。山号は蓮台山(れんだいさん)。本尊は丈六の阿弥陀如来。天文年間(1532〜1554年)清玉上人の開創。
当初は西ノ京蓮台野芝薬師西町(現在の今出川大宮東)にあり、正親町(おおぎまち)天皇は清玉上人に深く帰依していたので、東大寺大仏殿の勧進職を命じるとともに、勅願寺とした。清玉上人は織田家と深い親交があり、1582年6月2日の本能寺の変の折、本能寺等に駆けつけ、織田信長、信忠父子及び家臣百有余名の遺骸を当寺に埋葬したといわれる。
本堂には織田信長、信忠父子の木像等が安置され、墓地には信長、信忠や本能寺の変討死衆の墓、儒者皆川淇園(きえん)、俳人蝶夢(ちょうむ)の墓等がある。京都四十八願寺巡拝の第16番札所でもあり、1587年蓮台野からこの地に移され、現在に至る。()

織田信長公本廟石碑
織田信長公本廟石碑
鐘楼
鐘楼
墓所石碑
墓所石碑