法性寺のご朱印
洛陽三十三所 ご朱印

京都の神社・仏閣
法性寺(ほうしょうじ)
【法性寺の紹介サイトへ】

住所/〒605-0981 京都市東山区本町16丁目307
TEL/075−541−8767
アクセス
★電車/JR奈良線・京阪電車「東福寺」駅から徒歩5分
     あるいは京都市バス「東福寺」バス停から徒歩5分
★車/名神「京都南」ICより約15分
    あるいは「京都東」ICより約20分
駐車場/なし
拝観料/無料
拝観時間/9:00〜16:00

山門・本堂
山門・本堂

洛陽三十三所観音霊場第二十一番札所。浄土宗西山禅林寺派。正しくは大悲山(だいひざん)一音院(いっとんいん)法性寺(ほうしょうじ)と号する。
この地は924年藤原忠平(ただひら)が公家恒例被行脚読経の寺として建立した寺院(旧法性寺)があった所である。旧法性寺は、創建後も藤原家の氏寺として栄え、藤原忠通(ただみち)(法性寺入道)の時には、広大な寺域に大伽藍を構え、京洛21ヶ寺の一刹に数えられていた。しかし以後の兵火により堂宇は焼失してしまった。
当寺は、明治維新以後、旧名を継いで再建されたもので、本堂に安置する千手観世音菩薩像(国宝)は、旧法性寺の潅頂堂(かんちょうどう)の本尊と伝えられ、「厄除観世音」の名で知られている。()

本堂扁額
本堂扁額
菩薩碑
菩薩碑