鹿児島神宮のご朱印
ご朱印

鹿児島の神社・仏閣
鹿児島神宮
【鹿児島神宮のサイトへ】

住所/〒899-5116 霧島市隼人町内2496-1
TEL/0995−42−0020
アクセス
★電車/JR日豊本線「隼人」駅より徒歩約15分
     JR肥薩線「日当山」駅より徒歩約15分
★車/東九州自動車道「隼人西」ICより約10分
    東九州自動車道「隼人東」ICより約20分
    九州自動車道「溝辺鹿児島空港」ICより約20分
駐車場/350台(無料)
拝観料/無料
拝観時間/8:30〜17:00

勅使殿
勅使殿

御祭神は、天津日高彦火火出見尊(あまつひだかひこほほでみのみこと)(山幸彦)、豊玉比売命(とよたまひめのみこと)、相殿に帯中比子尊(なかたらしひこのみこと)(仲哀天皇)、息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)(神功皇后)、品陀和気尊(ほむだわけのみこと)(応神天皇)、中比売命(なかつひめのみこと)(応神天皇皇后)を祀る。()

大鳥居(一の鳥居)
大鳥居(一の鳥居)
石鳥居(二の鳥居)
石鳥居(二の鳥居)

雨之社
雨之社
参道石段
参道石段

鹿児島神宮の御祭神は海幸山幸の神話によるところの社で、創祀は遠く神代にあって、また皇孫神武天皇の御代とも伝えられる。御祭神彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)(別名山幸彦)は筑紫国開拓の祖神で、この地に高千穂宮(皇居)を営み給い、580歳の長寿にして農耕畜産漁猟の道を開拓し国家の基礎をつくられた。()

御神木・雨之社
御神木・雨之社
勅使殿
勅使殿
奉納木馬
奉納木馬

本殿・四所神社
本殿・四所神社
四所神社
四所神社

正八幡宮、国分正八幡、大隅正八幡等とも称し、全国正八幡の本宮でもある。
平安時代醍醐天皇の延喜式には大社に列し、大隅國一之宮として朝野の崇敬篤く、営繕の費は三州の正税を以て充てられ、後鳥羽天皇建久年間(1198年)には社領2500余町歩の多きに至り、江戸末期まで千石を有していた。()

武内神社
武内神社
亀石
亀石

1871年(明治4年)國幣中社、1874年(明治7年)神宮号宣下官幣中社、1895年(明治28年)官幣大社に列格、勅使皇族の御参拝は20余度に及び、1935年(昭和10年)と1674年(昭和49年)には昭和天皇の行幸を仰いだ。
現社殿は1756年に島津重年(しげとし)公(第24代)の造営になるものである。()



HOME TOP BACK LINK